PATENT- UND RECHTSANWÄLTE | EUROPEAN PATENT AND TRADEMARK ATTORNEYS | ATTORNEYS AT LAW | CERTIFIED IP ATTORNEYS

Actual Case Law

 

欧州特許庁とカンボジア王国、拡張協定に調印

Cambodia signs validation agreement with the EPO驚くべきことが現実となりました。ブノワ・バティステリ欧州特許庁(European Patent Office, 以後EPOと表記)長官と、カンボジア工業手工芸省のチャンプラシット大臣が、2017年1月23日に、カンボジア王国(以後カンボジアと表記)における欧州特許の認証に関する合意文書に署名したのです。この合意により、欧州特許の出願人は、自身の欧州特許の保護をカンボジアにおいても求めることが可能となります。これに伴い、単一の欧州特許出願によって特許取得が可能となる国の数も1つ増え、欧州内外の計43カ国となります。ただし、医薬品については、本協定の移行期間中は欧州特許の認証から除外されます。Member States European patents map EPO.png

本協定の実現のために、カンボジアは今後、国内法において本協定実施のための立法処置を執る必要があり、本協定は2017年7月1日から発行する予定です。本協定の発行により、タイとベトナム両国に挟まれているカンボジアは、モロッコ王国、並びにモルドバ共和国に続く第三の欧州圏外の拡張国となります。カンボジアの人口は約1500万人で、人口一人当たりの名目GDPは、1227USドルです。又、カンボジアの貿易輸出額は、一年約84億USドルで、そのうちの80%は国内最大の主要産業である繊維産業が占めています。その他、天然ゴムの生産でも、近年大きな伸びを示しています。

カンボジアは、昨年12月、特許協力条約(Patent Cooperation Treaty、以後PCTと表記)への加入書を寄託し、PCT加盟国になっています。今回新たに結ばれたEPOとの協力関係が、カンボジア国内の知的財産政策における、今後の確実な発展への第一歩となることが期待されます。

欧州特許出願がなされると、自動的に、出願日時点でEPCが既に発効している締約国、並び拡張国の全てが指定されたと見做されます。すなわち、カンボジアにて本協定が発効された後に提出された欧州特許出願は、拡張国であるカンボジアも見做し指定することとなります。ただし、欧州サーチレポートの公開日より6箇月以内、もしくは国際特許出願の欧州段階への移行手続期限以内に、欧州特許のカンボジア指定に対する拡張手数料が納付されなかった場合は、カンボジアの指定は取り下げられたものと見做されます。現時点では、本拡張手数料の金額は確定されていませんが、既に拡張国であるモロッコ王国、並びにモルドバ共和国の例を考慮すれば、カンボジア拡張手数料もおおよそ200から240ユーロ程となるものと見込まれます。尚、欧州特許のカンボジア国内特許への移行手続には、請求項の英訳、並びに、カンボジアの公用語であるクメール語への翻訳文が必要となります。

この協定により、カンボジアに於いても欧州特許の権利化が可能になりますが、今後の実績に関しては、もうしばらく待つ必要がありそうです。

Autor: ヴォルフガング・サンドマン Sandmann, Wolfgang and Konstantin Krautgasser

For any further questions, please feel free to contact us.

 

download pdf-file:

pdf download

15.02.2017